目指せTOEIC満点!

TOEICはいろいろな面で役立つ資格

TOEICはいろいろな面で役立つ資格

TOEICは英語の能力を証明する資格で、この資格を持っているといろいろな面で役立ちます。
特に就職や転職の時に、プラスになることが多いです。
最近は海外と取引をしている会社が多いですが、海外との取引で使われる言葉が英語です。
TOEICである程度のスコアを取っていれば、海外の取引の時に英語が使える人材とみなされます。
最低でも600点以上のスコアがあれば、英語のネーティブの人と意思の疎通ができます。
ここで言う意思の疎通とは自分の意思を伝えられて、相手の意志も分かることです。
700点以上のスコアだったら、さらに有利になって海外の支社に派遣される可能性もあります。
TOEICは有力な資格なので、参考書や専門の学校もたくさんあります。
英語が苦手な方だったら、簡単にスコアが上がることはありません。
最低でも半年は勉強を続ける必要があります。
英語の苦手な方だったら、一番良い勉強法は学校に通うことです。
学校に通えば、発音や文法といった基本的なことを身に付けられます。

TOEICは英語力を測る基準になる

TOEICは英語力を測る基準として日本に定着しています。
この基準は特に企業で使われており、TOEICで高い点数を取ることが会社での昇進の条件になることもあります。
TOEICの基準になる点数の一つは600点です。
600点以上のスコアを持っている人だったら、英語でなんとかコミュニケーションができる人材と見なされます。
ただし外資系の企業だったら、600点はやや低くて、最低でも700点以上を取ることが求められます。
これは普通の社員の場合で、上級職の場合だったら800点以上を取ることを求められる場合があります。
TOEICのテストは日本人にとっては難しいものです。
最初から高い点数を取れる人は、ほとんどいません。
それも粘り強く勉強を続けていけば、点数が上がっていきます。
最初にこの試験を受ける場合は、できるだけ600点に近い点数を目指してみましょう。
英語が苦手な方だった、500点以上を取ることを目標にしてください。

注目サイト

神戸で二世帯住宅を探す
http://www.sumai-jp.com/

最終更新日:2016/9/7

コンテンツ

『TOEIC 資格』 最新ツイート

@shukatsu_hoken

企業が求めるTOEICスコアの基準一覧!新卒採用時の応募資格や足切りにも使われてるTOEICスコア!その最も多い足切りボーダーラインは〇〇点・・・ https://t.co/J7fHCZ66Sx

15分前 - 2018年10月18日


@ashitahareruya0

[資格って必要ですか?] 企業によりますが、”必要”であることは少ないです。 なぜなら日本は一般的に新卒はポテンシャル採用だからです。 就活始めるといきなりTOEICの勉強や留学をする人がいますが それよりも、自己分析やGD、面接の対策を行うほうがよいでしょう。

1時間前 - 2018年10月18日


@rikkyo18syukat2

【就活に有利な資格②】 それでも資格を取得したい人のためにいくつか紹介すると ・TOEIC ・簿記 ・日経テスト ・MOS ・秘書検定 ・FP などは有利に見てもらいやすいです。 また、地元の検定のような少し変わった資格を持っていれば、面接の際に話題にしやすい点では有利です。

1時間前 - 2018年10月18日